GO!korea

2019年12月から韓国留学中です♡韓国生活や現地情報をお伝えします。

【延世語学堂】言語交換制度を利用してみた感想

f:id:sumi10sumi10:20200304224144j:plain

延世語学堂の言語交換制度を利用してみた感想

延世語学堂には言語交換制度があります。 

語学堂の生徒と、延世大学生の韓国人でチームを組み、お互いに母国語を教えあう、という制度です。

私も実際に冬学期の3か月間、利用してみました。

感想をお伝えしたいと思います!

 

どうやったら利用出来るの?申請が必要?

言語交換は、申請者のみ利用可能です。(利用は無料です!)

語学堂に入学さえすれば自動的に利用できる制度ではないので注意です。

じゃあどうすればいいの?

学期ごとの授業の開始日ごろに、申請に関する案内が語学堂のサイト学校内の貼り紙で告知されるので、期日内に語学堂のサイト上で申請をします。

 

ただ、残念ながら母国語ごとに人数制限があり、希望者全員が出来るわけではありません・・・。

具体的に何名、という明示は無いので、学期ごとに異なるのかもしれません。

 

無事に言語交換対象者に選ばれると、申し込みから数日後に「〇月〇日にオリエンテーションを行うので集まってください」というメールが届きます。

言語交換って、何人組で活動するの?

基本的に3人1組になり、活動することになります。

私が体験した学期では日本人学生2人と、延世大学生の韓国人1人の割合がほとんどでしたね。

(延世生は日本語を学んでいる方です。8~9割が男子学生でした。女子学生は毎回少ないという噂があります。)

チームメンバーは学校側が決め、オリエンテーションで発表されます。

 

私の場合は自分(3級)と、日本人女性(3級)、延世生の男性でチームでした!

同じ級で割り振るのかと思いましたが、周りは2級&5級などのバラバラの組もあったので、どういった基準で組まれているのかはよく分かりません。

 

 

具体的な活動内容は?活動頻度は?

一言で言うと、完全に自由です。

学校側からは「週一くらいで集まるといい」という目安を告げられますが、それ以上でもそれ以下でも問題はありません。

 

オリエンテーションでお互いに連絡先を交換したあとに、スケジュールを合わせて会う、という感じですね!頻度、何をするかも全て自由です。

 

実際私たちもオリエンテーションで第一回目の会う日を決め、その後も都度予定が合えば会う、という非常にゆるい感じで活動していました。

学期内で確か計5回ほど?集まりましたね。多いのか少ないのかよくわからない回数ですがw

 

もっと頻繁に集まったり、逆にほとんど集まらなかったりと、活動頻度は本当にチームごとに様々なようです。

やはりお互い忙しかったり、相性が・・・だったりする場合もありますが、せっかくの制度なので!申請した以上は出来るだけ活用して集まるのがいいなぁと思いました。

 

集まって何をするかと言うと、夜ご飯を食べに行ったり、カフェで話したり、学校の図書館で勉強したりです。

基本は大学の近くでご飯を食べながら、お互いの言葉で2~3時間程度話すことが多かったですね!

ペアの延世生の方が私のつたない韓国語を一生懸命聞いてくれて、間違いを正してくれて、嬉しかったですし、勉強になりました。

 

あとは、3級ではマラギ試験の一環で2・3分スピーチという試験があるのですが、自分でスピーチ内容を準備しなければいけないのです。

その台本の添削もお願いしていました。

それ以外にも、普段の勉強の中で分からないことがあったら質問できるのがありがたかったです。

韓国人の友人が少ない私にとっては、本当に良い制度でした!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

延世語学堂が提供している言語交換制度、個人的には活用する価値のある制度だと感じました。

ペアだった方とは、ありがたいことに今でも交流が続いているので、お友達作りにもいいと思います!

 

ただ、非常に残念なのですが。

コロナウイスルの影響で、来学期からは制度が一旦中止となってしまいました・・・。

いつから再開するのは未定なようです。

春学期も申請しようと思っていたので悲しいです。

 

では!

読んでいただきありがとうございました♪

 

 

本日もブログをご覧いただきありがとうございました。

次回もまた来てくださいね!

 

▼▼ランキングに参加しています▼▼

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(韓国)へ