GO!korea

2019年12月から韓国留学中です♡韓国生活や現地情報をお伝えします。

【どこが良い?】韓国での住まい【コシウォン、寄宿舎etc】

f:id:sumi10sumi10:20191128105940j:plain


留学するのはいいけどどこに住もう。そもそもどんな住まいがあるのだろう?悩みますよね!そこで今日は韓国での住居について書いていきたいと思います。

韓国留学での住まいの形態

・ハスク(下宿)
・コシテル(コシウォン)
・ワンルーム
・寄宿舎


どれにするかで皆さん悩むと思います。

そこで、各住宅形態は何がどう違うのか?メリデメは?

比較しながら紹介しようと思います。 

私の譲れないポイントはこちら。

私が決めるうえで譲れないポイントはこちらでした。

・無料のご飯やおかずの提供がある
・家賃が5.5万円未満、保証金無し
・一人部屋
・部屋にシャワートイレがある

このすべてを叶えられ、実際今住んでいるのはコシテルです。

 

▼こちらの記事に住んでみた感想を書いています▼

 

形態ごとの長短所

注意:実際私が住んでいるコシテル以外の情報は、インターネットやSNSで調べた情報や留学エージェントの意見をまとめたものです。

が長所、が短所です。

ハスク(下宿)

朝夜ご飯があるところが多い
個室あり プライベートが保たれる
コシテル(コシウォン)より部屋が広い
家具が備え付けてある
風邪や病気の時アジュンマに頼れる
シャワートイレが共同
ご飯を食べられる時間に縛りがある
ご飯が口に合わないことがある
アジュンマと相性が合わないことがある
自由に台所が使えない場合がある

留学エージェントの方によると、近年は下火になりつつあり、老朽化が進み数も減っているようです。

アジュンマがいない「シェアハウス」もあります。

 

コシテル(コシウォン)

ご飯やおかずが置いてある場合がある
一人部屋のみ プライベートが保たれる
部屋にシャワートイレがある
家具が備え付けてある
共同の台所が使える場合がある
保証金無し
とにかく狭い
壁が薄く他人の生活音が聞こえる場合がある
シャワートイレの掃除の必要あり

家賃、住みやすさのコスパがいいです。

狭いのが辛いですが、住めば都です!

留学生に一番人気なようですね。

 

寄宿舎

とにかく安い
学校に隣接している
家具が備え付けてある
食堂がある場合がある
2人部屋の場合ルームメイトと仲良くなれるかも
希望しても応募数によっては入居出来ない可能性あり
最大入居期間が定められている場合あり
2人部屋の場合プライベートが保たれない

とにかく安く住みたい方におすすめです。

語学堂によっては、入居可能期間が定められている場合もあります、もし期間が過ぎても帰国しない場合、引っ越しをしなければいけないのが少し大変ですね。

 

 ワンルーム

部屋が広く快適に過ごせる 
騒音が少ない
完全にプライベートが保てる
自炊が出来る
家具は自前で準備する
高額の保証金がある
家電や水道などにトラブルがあった場合、自分で対処する必要あり

日本で一人暮らしするときに住む部屋というようなイメージです。

とても快適に過ごせますがその分保証金があったり家賃が高いです。

 

 

家賃

部屋のグレードや地域などで変わり、一概には言えませんので、ざっくりとした目安です。

 

 ↑ワンルーム  (1ヶ月5万ウォン〜)      

         下宿、コシウォン (1ヶ月4〜7万ウォン)

 ↓ 寄宿舎 (学校により変わる)

 

ワンルームは家賃に加え保証金(500万ウォン〜多くて1000万ウォン の場合も)がありますが、退去する際に全額戻ってきます。

一般的に寄宿舎は安い場合が多いようです。

 

 

さぁ、選ぼう

譲れないポイントと、各自の長短所が揃ったところで、どこに住むか選びましょう。

どこに住むか決まったら

次に選ぶのは場所です。以下の点を考えるといいですね。

基本的に通う学校の近くがおすすめです。

交通の便は?
治安は?
どのようなお店が近くにあるか?

どうやって住む家を探せばいい?

日本でさえ引っ越しは大変ですが、異国となるともっと大変です。

 主な手段としては、下記の通りです。

・不動屋さんのホームページやアプリで探す。
・実際に現地に行って不動屋さんを訪ねる。
・直接管理人を尋ねる。
・留学エージェントに委託する。

もし現地に知り合いや家族がいれば、助けてもらうといいと思います。 

日本にいながら探す

基本、ネットで探すことになります。

もしくは留学エージェントに委託すれば、手数料はかかってしまいますが、渡韓した時点でお部屋を用意してもらうことが可能です。

安心料だと思って委託するのもいいかもしれません。

 

現地に行って自ら探す

ある程度韓国が話せるなら直接不動産や管理人を訪ねて契約するので問題ないですが、契約内容や金額をしっかり理解しないといけません。

実は家賃にインターネット代が含まれていなかっただとか、余分な金額が上乗せになっていたなどの話はよく聞きます。

知り合いが韓国にいれば同行してもらうのもありだと思います。

 

おわりに

いかがでしたか?

留学中の住まいについては、場所や形態など考える事がたくさんあって悩む方も多いと思います。

これから探す予定の皆さまにとって、ぴったりのお部屋が見つかりますように!

 

▼▼ランキングに参加しています▼▼

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(韓国)へ