GO!korea

2019年12月から韓国留学中です♡韓国生活や現地情報をお伝えします。

家族で韓国旅行②|2019年10月~ソウル

f:id:sumi10sumi10:20191026145000j:plain

家族で韓国旅行~ソウル、行った場所と食べたもの、感じたこと。

留学前、家族での最後の韓国旅行記、第二弾です!

第一弾同様、割と長いです。ぜひ時間のある時にお読みください。

 

 

朝ごはんはonion3号店でパンとコーヒーを頂く。

さあ始まりました2日目の旅行記スタートです。

 

1日目の疲れが積もったのか、2日目朝は家族みんなで寝坊しました。

硬水と疲れの影響でしょうか、むくんだ顔を何とか整え、急いで出発。

地下鉄を乗り継ぎ向かったのはこちら。

 

f:id:sumi10sumi10:20191012234903j:plain

onion3号店 外観

安国駅付近にあるonion3号店へ。

韓屋をリノベした、パンとコーヒーが美味しいカフェです!

なんと朝7時から開いているので、効率的な観光には本当に助かるスポットです。

寝坊ゆえ、我々は10時ごろに到着しましたが8割方、席が埋まっていました。

人が来る前にゆっくり写真を撮るぞ!!という方は早めに行って損は無さそうです。

 

onion3号店

住所:鍾路区 桂洞 146-1

서울특별시 종로구 계동 146-1(google map)

営業時間:月~金曜 7:00~21:00

土・日曜 9:00~21:00

定休日:無休

地下鉄3号線 安国駅 3番出口から徒歩で約1分

こちらで詳しく紹介しています

東廟蚤の市に古着を見に行く。

腹ごしらえした後は、東廟蚤の市へ。

見慣れない文字ですが、東廟トンミョと読みます。

トンミョ駅の近くで開催されている蚤の市、ということですね。

改札を出て地上に出た瞬間すぐお店が現れるので、迷わず行けます。

場所はこちらです。お馴染み東大門駅の東側です。

 

 

蚤の市という響きで既に楽しげな雰囲気が醸し出されている・・・!

実際行ってみると、路面に面したこんな感じのお店がたくさん並んでいるのと、

建物の外で台に商品を並べてあるお店や、

地面にレジャーシートを引いて自宅から持ってきたのであろう不用品をバザーのように並べて売っているアジョッシ、様々な形態で販売していました。

 

f:id:sumi10sumi10:20191012235008j:plain

トンミョの蚤の市

一見狭そうですが、そこそこ奥行きがあります。

蚤の市というだけあって古着屋さんが多いので、ヴィンテージ好きの方にはおすすめしたいです。

私も古着大好きですが、日本で古着と言うと、お店に寄りますがそこそこいいお値段するイメージありませんか?

こちらでは割とリーズナブルな価格設定でした。

留学が開始したら、冬物を買いに行こっと!

 

アメリカやヨーロッパ系と思われる海外輸入の古着屋さんはもちろん、

国内の中古服が売っている、いわゆるリサイクルショップありました!

 

f:id:sumi10sumi10:20191012235124j:plain

こんな感じでお店がたくさんありました

f:id:sumi10sumi10:20191012235155j:plain

古着屋さんもあります

古着屋さんの店主さんと「日本で古着買うと、高いんですよね~」「ですよね~」なんて会話をしていると、

「僕は日本が好き」と言ってくれて、心がホッコリしました。

 

f:id:sumi10sumi10:20191012235225j:plain

古着屋さん②

f:id:sumi10sumi10:20191012235248j:plain

店番のわんちゃん

ポメラニアンでしょうか、店番をするわんちゃんがいました。

 

f:id:sumi10sumi10:20191012235705j:plain

ジャケットをゲットする父

ファッションに興味がなく節約家でもある父が日本で服を自ら買うことはほぼ無いのですが、

韓国で割と良いブランド(らしい。真偽は謎)の中古ジャケットが2万ウォンという破格で販売されているのを発見。

「もうすこしオシャレに気を使うべき」という家族からの後押しを受け、購入していました。

現地のアジュンマとの交流も出来たので良かったです。

 

東廟蚤の市

住所:서울특별시 종로구 숭인2동 240-1(google map)

営業時間:9:00~18:00

定休日:無休

(営業時間。定休日は店による)

地下鉄1.6号線 東廟駅 3番出口から徒歩で約1分

 

漢江鎮駅から直結の本屋さん、BOOK PARKへ。

 

1日目に続きまた本屋かい!となっている方もいらっしゃるかと思いますが、また本屋です。好きなんです、本。

漢江鎮駅2番出口を出たらすぐにこのガラス張りの建物、ブルースクエアが見えます。

外のエスカレーターを上ると、BOOK PARKに行けます。

 

f:id:sumi10sumi10:20191012235803j:plain

BOOK PARK

店内は温かみがあり、優しい雰囲気。

 

現地の小学校低学年くらいの子が二人、平積みされた東野圭吾の訳書を指さして

「これ兄ちゃんに勧められたけど、めっちゃおもろかった(韓国語)」と話していてビックリ。

日本の小学生低学年も東野圭吾読むのか・・・?と考えつつ、

東野圭吾の韓国での人気も再確認したのでした。

私もいつか小説を訳して、韓国の小学生に「これおもろい」と言わせたい。

 

f:id:sumi10sumi10:20191012235935j:plain

店内、広いです

f:id:sumi10sumi10:20191012235951j:plain

ライトが可愛い!

ふと天井を見上げると、アラ可愛い。本にライトがくっついてます。

こういう遊び心がある本屋、いいですよね~。

 

f:id:sumi10sumi10:20191013000010j:plain

一面本!の写真が撮れるスポット

完全に映えスポットを狙っているであろう、「PHOTO SPOT」の看板が立っており、なるほど一面本に見えるアングルが案内されていました。

 

BOOK PARK

住所:용산구 한남동 이태원로 295(google map)

営業時間:10:00~22:00

定休日:無休

地下鉄1.6号線 漢江鎮駅 2番出口から直結

 

本屋さんで購入した韓国文学を紹介します。

今回私が購入した本はこちら!!

  「外は夏/著キム・エラン/訳古川綾子」です。

f:id:sumi10sumi10:20191013224029j:plain

左が韓国で買った原書、右が地元で買った訳書

いや~~~この本をずっと読みたくって、でも先に読むのは絶対原書だと決めていたので今回買えてよかったです。

先に原書を読んだ方が、わからない単語に出会ったとしても文脈で予測する力がつくのと、

自分なりの翻訳を考えて、あとからプロの正解と答え合わせが出来ますからね!!

翻訳の勉強の教材として使わせていただきます♪

  

外は夏 (となりの国のものがたり3)

外は夏 (となりの国のものがたり3)

 

 

さて、旅行記第二弾はここまでです。

次回、家族で韓国旅行③|2019年10月~ソウルに続きます!

次がラストです!

 

今回参考にしたガイドブックです!

本日もブログをご覧いただきありがとうございました。

次回もまた来てくださいね!

 

▼▼ランキングに参加しています▼▼

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(韓国)へ