GO!korea

2019年12月から韓国留学中です♡韓国生活や現地情報をお伝えします。

家族で韓国旅行③|2019年10月~ソウル

f:id:sumi10sumi10:20191026145007j:plain

家族で韓国旅行~ソウル、行った場所と食べたもの、感じたこと。

留学前、家族での最後の韓国旅行記です!

第三弾にして、最長になってしまいました。長いです

それでは、さっそく行きましょう!  

梨泰院散策と食堂でのご飯

BOOK PARKを出た後は漢江鎮駅から梨泰院駅まで散策です。

 

さて時刻は14時ごろ。

家族みんなお腹が空き、しかし付近に目星をつけていたご飯屋さんは無い、どうする・・・腹減った・・・と、ガイドブックに店を探すもよく分からず、

若干イライラモードが漂う我々。

いやほんとに、何度も来ている韓国だとして外国で手ごろな飲食店を探すのって難しいですよね。

せっかくの旅行で全国チェーンのファストフードやカフェで手軽に済ませてしまうのもなんとなくもったいないし。

 

結局、梨泰院付近で偶然通りがかった食堂に入りました。

あまりの空腹にお店の外観を撮る余裕もありませんでした。(おい)

(お気づきでしょうか、この時点でもうすでにほぼ無計画のぶらり旅と化しています)

 

2日目のお昼は水冷麺スパムキンパに決定です。

 

f:id:sumi10sumi10:20191014150457j:plain

冷麺

 

冷麺で超有名!!!というお店でもないようですが、

シャーベット状に凍ったスープが美味しかったです!

 

f:id:sumi10sumi10:20191014150512j:plain

スパムキンパ

見た目的にはほぼ卵焼きキンパ状態ですが、一応スパムキンパです。

 

望遠駅散策と、市場と、雑貨屋さん「mallang store」

食べ終わった後は、地下鉄に乗り望遠駅へ向かいました。

駅に着くと、一番先に向かったのは望遠市場です。

 

f:id:sumi10sumi10:20191014150730j:plain

望遠市場

いや~~韓国の市場って歩くだけで楽しい

ちょうど現地の方が食材を調達する時間だったようで、お店のアジュンマたちと買い出しアジュンマの声でワイワイしていました。


f:id:sumi10sumi10:20191006213330j:plain

 

お次は望遠で目当てのお店だったmallang store へ。

こちらは先日詳しく書いたので割愛しますが、

ほんっっっとに小さくてかわいらしい雑貨が好きな方にはたまらないお店だと思います。

 

お店の紹介記事です

 上水駅付近の「コンパッ」で夜ご飯。ロケ地らしい。

 

夜ご飯は上水駅から少し歩いたところにある、コンパッ 곤밥へ行きました。

 

どうやらこちら、ロケ地でもあるようで。

ビューティーインサイド、サムマイウェイというドラマに登場しているらしいです。

悲しきかな韓ドラは全然見ないので、純粋に食を楽しみました。

古民家風です。なぜか「ただいま〜」と言いたくなる雰囲気です。

 

f:id:sumi10sumi10:20191014155224j:plain

お店外観

ビビンバを頼みました。何気に本場韓国での初ビビンバでした!!!

 

f:id:sumi10sumi10:20191014155242j:plain

ビビンバです

 

そして2日目はホテルに戻り、終了です。

 

コンパッ 곤밥

住所:鍾路区 桂洞 146-1

마포구 서강동 토정로 105(google map)

営業時間:月~土曜 11:30~15:00、17:00~21:30

定休日:日曜

地下鉄6号線 上水駅 4番出口から徒歩で約10分

 

3日目は朝からカフェへ。「CAFE SKON」

 

3日目は朝から小洒落たカフェ、CAFE SKÖNへ行きました。

 

f:id:sumi10sumi10:20191006194334j:plain

CAFE SKON

f:id:sumi10sumi10:20191006194331j:plain

レモンケーキ

お店紹介記事

 

弘大散策。ラインフレンズと、雑貨屋「object」

 

その後は弘大で散策です。

ラインフレンズのお店などを冷やかしました。

 

f:id:sumi10sumi10:20191014150539j:plain

LINE STORE

 

今ならハロウィンコスチュームのブラウンと写真が撮れます!

 

f:id:sumi10sumi10:20191014150556j:plain

ハロウィンバージョンのブラウン

このお店は初めて行きましたが、店内の写真撮影スポットが豊富でした。

ディズニーのミッキーの家さながらのブラウンのお部屋があったり、

 

f:id:sumi10sumi10:20191014150628j:plain

写真を撮れるスペースも

 

謎な角度を向き続けるブラウン君もw

 

f:id:sumi10sumi10:20191014150646j:plain

斜め下を向くブラウン

 

その後は雑貨屋さんのObjectへ!

ここはめちゃくちゃ良かった!!です!!

ちょっとシュールなイラストや、お洒落な色使いの小物がたっっくさんありました!!

  

f:id:sumi10sumi10:20191014153807j:plain

object

 

あまりに可愛い雑貨が多すぎて、写真を撮るのも忘れてしまうという、新米ブロガーとしてあるまじき行為をしてしまいました・・・!

 

こちらの記事で写真付きレポートが載っています

商品の一部も紹介されてますよ♪

 

行ってみたくなること間違いなしです!

www.sally-ly.com

漢江での「ソウル世界花火大会」に参戦!激混みです。。

 

人生初、外国の花火を体験するぞ!!ということで行ってまいりました。

毎年10月に漢江市民公園上空に打ち上げられる、ソウル世界花火大会

 

19時ごろ開始ですが、かなり混むので早めに行くべきと聞いていたので、

18時には現地に着くように向かいました。

で・す・が。

地下鉄から降りた瞬間コレです。

 

f:id:sumi10sumi10:20191014190208j:plain

前が見えません

これはまだ写真を撮る余裕がある段階ですねw

1時間前ですでにこの混み様。

 

f:id:sumi10sumi10:20191014190227j:plain

人人人です

 

もちろんスムーズに動いているのではなく、少し進んで止まって、の繰り返しです。

なんとか家族と離れないように進みました。

途中で本気で逆向きに急ぐ人に巻き込まれ、はぐれかけました。

 

f:id:sumi10sumi10:20191014152751j:plain

人が本当に多いです

 

やっと地上!それでもかなり人が多いです。警備員がたくさんいました。

 

f:id:sumi10sumi10:20191014152710j:plain

会場近くの道路の様子

さて、やってまいりました漢江

ここまで来るのにかなり疲弊しましたが、まだこれからです。

 

右も左もわからないので、流れに沿って歩くと河川敷手前の広い芝生のスペースに出ました。

 

f:id:sumi10sumi10:20191014152626j:plain

レジャーシートが便利ですね

会場近くでレジャーシートを5,000ウォンで売るアジュンマがいて、「?」でしたが、なるほど皆持ってきてる!!!!

レジャー用のたためる机を持ってきて、食事しながら楽しむ方も結構いました。

 

韓国の花火大会は立ち見が主流ではないんですね。

日本は浴衣を着る方が多いので、座りにくいという事もあり、立ち見が主流なのかもしれませんね。

文化の違いを感じました。

 

ちなみに我々は、父がたまたま持っていた新聞を地面に敷いて座りました! 

 

f:id:sumi10sumi10:20191014152547j:plain

1時間前でもこの混みようです


打ち上げは19時過ぎに始まりました。

イベントの概要をあまり調べずに行きましたが、

「世界大会」という名の通り、どうやら各国の職人による打ち上げだったようで、

近くの高層ビルにプロジェクションマッピングで国旗と国名が映し出されていました。

最初は中国、その次はスウェーデンでした。ちょっと意外。

 

一国の持ち時間と、その合間の休憩?がかなり長く、中国の打ち上げが終わった後に、我々は退散しました。

肝心の韓国の職人さんによる打ち上げがその後あったのかは謎なまま・・・。

 

あのおびただしいほどの人数が一斉に帰るのに巻き込まれるのはまずい、という判断です。(それと、寒かった・・・)

それでも十分激混みでしたけどね・・・!

帰りも行きと全く同じでした。とほほ。

 

とにもかくにも、ソウル市民みんなに楽しみにされてる花火大会なんだなぁと感じました。

いつか、チメクしながら見たい。

 

花火の後はソウル駅内の日本風うどんやさんでご飯を軽く済ませ、
ロッテマートで最後のお買い物をし、
ホテルに帰りました。
3日目は終了です。

4日目は朝からソウル駅に向かって、事前チェックインを行い、空港に向かいます。

 

帰りはチェジュ航空です。受託荷物15kgのプランです。

無事、定刻通りに出発&到着しました。

復路は4人で37,920円、1人9,480円です。往路よりは高いけど、十分安い!

 

f:id:sumi10sumi10:20191014152451j:plain

ソウル駅で事前チェックイン!

 

「現在の韓国の真の姿を家族に見せる」結果どうだったか?

 

さて、旅行記第三弾はここまでです。

 

旅行記第一弾を見てくださった方はお分かりかと思いますが、

今回の旅行での、私の裏テーマは「現在の韓国の真の姿を家族に見せる」でした。

 

これについて思ったことを書きたいと思います。

「メディアが伝える韓国のイメージ」が事実か否か。

ここを一番見せたかったです。

 

それについては、少なくとも我々が巡った観光地には一切不買運動NO!ABE政権過激に叫ぶ集団はいませんでした。

偶然出会わなかっただけ、表面に見えないところでは存在する、そもそも大きい波は過ぎ去った後だ、など様々な可能性は十分にあります。

そりゃそうです。

たったの3泊4日の旅ですし、見たのは上辺だけですから。

 

ですが、今現在のソウルでは、すくなくとも日本のメディアが報道しているような「このまま韓国にいたら危ないかも・・・」と不安を覚えるような出来事はありませんでした。 

一時期ツイッターなどで見かけた、地下鉄内に貼ってあるNO!ABE&JAPANのステッカーも、乗るたびにくまなく探しましたが見つけられませんでした。

(ほんの少し、見てみたかった)

 

日本が好きと言ってくれる韓国人もいましたし、

日本食屋が店の外まで行列していたのも見ました。

そのほか出会った人々も、我々が日本人だからどうこう、ではなくただの人として接してくれました。

 

私は韓国が好きなので、他の人よりは、もしかすると多少バイアスがかかった目で見てしまっているかもしれません。それは否定できません。

 

ですが、旅行中ウキウキした家族の表情や、帰国後に思いだして楽しそうに話す家族を見ると、

現在の韓国の姿を見ることで、韓国の印象は「なんとなく危なさそうな国」から、

報道が激化する前と同じ、「自分たちとなんら変わらない市民たちが生活を営む国」という認識に戻ったのではないかな、と思います。

母は「指さし韓国語」みたいな勉強の本を買って熱心に学びだしましたので、それ以上かもしれませんw

 

きっと「この雰囲気であれば娘を留学に行かせても問題ないだろう」と思ってくれたことでしょう。

おそらく今回の裏テーマは、成功でした。

 

留学前、韓国に行けてよかったです。

 

長々書いてしまいましたが、ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

今回参考にしたガイドブックです!

▼▼ランキングに参加しています▼▼

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(韓国)へ